i

Nino Magazine

ninoのきもち

スリーアローズの遠足日記_2日目

1月 23, 2021 | nino39

こんにちは。

スリーアローズWeb担当の上仲です。
いつもninoをご愛顧いただきましてありがとうございます。

さて今回は、とある丹波の農家さんへお伺いしたことについてお話しします。
場所はと言うと、こちら「奥丹波里山農園・工房」。

「自然農法」「自然栽培」と言われる肥料も農薬も一切使わず、自然本来の土壌と微生物の力で育つ、農産物を育てた栽培方法でお野菜やお米を作っています。4方を山に囲まれ、そこから流れる山水の綺麗さが野菜や米の美味しさにつながっています。

実はここ丹波市は、言わずと知れた農業のメッカ。
若い人たちが都会から移住し、新しい農業に取り組み、自由気ままなライフスタイルを楽しんでいる方達が続々と増えています。(写真は丹波しんぺ〜農園)

丹波しんぺ〜農園Instagram
https://www.instagram.com/shinpeifarm/

そしてこちら、スリーアローズがお世話になった農園を切り盛りする岸下さんご夫妻。長髪と無精髭がなんとも似合う、ダンディーなお方。奥様も一緒に同席され色々とご面倒見ていただいたのですが、少しシャイなこともあり写真はNG(笑)。

自然農法へのこだわりを聞いたり、実際に畑へ連れて行ってもらい元気なお野菜たちを直々に見させてもらいました。都会や郊外に住んでいると、普段何気なくスーパーで買う野菜やお米についてあまり考えることは少ないと思います。スリーアローズのスタッフも皆、興味津々に岸下さんの話しに耳を傾けていました。

ところで皆さんへ、急なご質問。
先ほどから出てきた「自然農法」や「自然栽培」といったキーワード、これまでに聞いたことがありますか?

簡単に言うと、農薬を一切使用せずに自然本来が持つ力だけで育てた栽培方法です。自然の本来持っている作物を育てる力に委ねるというもので、その土地に合った自然との共生を図ることができます。

なんでも手に入り便利になった世の中である一方、食品添加物や農薬が多量に使われた食品を口にすることは多くの健康被害も。多量の農薬で育てた食品を口にして、病気で薬漬けの生活になる。。何だかちょっと矛盾していますネッ♪

そこで最近では、食品アレルギー体質がある大人や小さな子供にも安心して食べることができる「無農薬野菜」「オーガニック野菜」に注目が再度集まっています。

私たちこどもファッションブランドも、実は同じ考え方なんです。
生産者側である私たちが、いかにして消費者であるお客様のことを考えてものづくりに励むか日々考え、実践しています。

100%完璧に取り組めてるとはまだまだ言えないですが、自然と身体にとって1番良い有機・オーガニックコットン等を使っていきたい。健康・環境被害も少なくなるし、その取り組みが回り回って”未来をつくる子供たちの笑顔”につながる。

そんな風に考えています。

次回はスリーアローズの新しいチャレンジ『食育×服育』についてです。
お楽しみに!